This is memo, not meaning.

意味なんかないよ

ゆったりと文章が書きたくて #15

 

 

 

真面目っぽいことを書くと、

WEB広告で、「オーディエンスへのターゲティング」ができるのが何がすごいのかって、「どこに出すか」から「誰にだすか」に発想を転換させたことだと思うんですよね。

 

広告はおもしろいなー。短い期間しか、手を動かしていないけど、それでも学ぶ事がたくさんあったし、まだまだ面白くなる仕事だなと思う。

 

おわり

ゆったりと文章が書きたくて #14

 

 

大きな耳、小さな口、優しい目

 

何も言ってもらえない。

愚痴も相談もしてもらえない。

そんな状況になっているなら、見直すべきだ。

 

仕事の愚痴でも恋愛のことでも家族のことでも、どんな話もその人が話したい言葉に耳を傾けたい。その人が落ち着くなら聞いてあげればいいじゃんか。

見ることや、聞くことでしか、人の本質なんてわからないですし。

 

 

おわり

ゆったりと文章が書きたくて #13

 

 

つかれたーー。

深夜の小学校前で、カッコつけて残り一本の葉巻をふかしてるけど、なんか落ち着く。

 

いい歳になって、仕事に没頭して、酒のむ以外の遊び方をわすれてしまったよ。別にいいけどさ。

 

 

おわり

ゆったりと文章が書きたくて #12

 

一夜にしてすべてが崩れ落ちる。

つながりの濃さなんて関係ない。

信頼は積み重ねるのが難しくて崩れるのは一瞬だ。

 

 

 

「30分2万5千円の過ち」とか最高に歌詞もリズムもいけてる


zazenboys - 自問自答

 

 

おわり

ゆったりと文章が書きたくて #11

 

いろんなCMやキャッチコピーを眺めていた。

人に届く言葉や映像ってすごい。なかでも1番刺さったCMがこれ。

youtu.be

 

「結婚しない幸せ」も肯定していて、それでも「結婚する幸せ」を尊重していて、すごく素敵だと思う。

「奇跡」という言葉ってカッコつけているようで小っ恥ずかしくなるのだけど、このCMででてくる「珍しいことではなくても、奇跡だと思った」という文は、共感できるなーと。

 

 

 

風邪こじらせて、二日酔いで吐いて、仕事の片付かないGW最終日。

ポカリスエットに明日の命運を託す。

 

 

おわり

ゆったりと文章が書きたくて #10

 

母はいまだにガラケーをつかっている。

ぼくもそれに合わせてつかっている。

ガラケーだけが、母親との唯一の連絡手段。

使いづらいとか不便とかじゃなくて、誰と使うかが大切。

 

誰かのためにもっているものが1つや2つくらいあっても別にいいかなって。

 

 

おわり

ゆったりと文章が書きたくて #9

 

仕事のはなし。

 

後ろがいないという感覚がすごくある。

採用をしたり、プロジェクトをもったり、広告を運用したり、

ありがたくも色んな仕事をさせてもらってる。

 

仕事の裁量をもたせてもらえるのは、小さい会社の特権でもある。

その分、責任も感じる。

常々、感じるのは「自分の後ろにはなにもない」という感覚。

 

後ろに道はない、でも前の道は見えない。

 

言葉で例えるならこんな感じで、今日も道を探してる。

 

おわり

 


The blue hearts 未来は僕らの手の中